KAERU(カエル)にて、新連載企画「伝統工芸のミカタ」が始まります。

KAERU(カエル)にて、新連載企画「伝統工芸のミカタ」が始まります。

弊社が運営を行う伝統工芸メディア-KAERU(カエル)-では、2024年6月12日(水)に新連載企画「伝統工芸のミカタ」をスタートします
伝統工芸産業に関わるみなさんに、異業種のプロフェッショナルや生活者の目線を通じた「普段とは違った伝統工芸の見方」をお届けします。

記念すべき第1回目は日本人初の独立時計師である菊野昌宏さんにお話を伺いました。
明治時代に一度は途絶えた「和時計」の製作を行う菊野さんだからこそ感じる、伝統工芸の強みや課題があるのだとか…
菊野さんが作る時計には1本2,000万円を超えるものも!どうやって買い手に価値を伝えるのか、一般的にネガティブに解釈される要素をポジティブに変換する考え方などを通じて、みなさんの商品を飛躍させるブランディングのヒントになれば幸いです。

▼KAERU(カエル)|伝統工芸のミカタ

KAERU連載企画「伝統工芸のミカタ」。第一回目となる今回お話を伺ったのは、2012年に日本人初の独立時計師と
kaeru-kogei.com

ビジネスのヒントは意外なところに!
ぜひ「伝統工芸のミカタ」をお楽しみください!

ご相談・資料ダウンロードはこちら